挑発する写真史 によって 金村 修 PDFファイル

挑発する写真史

04/25/2020 07:45:43, , 金村 修


挑発する写真史 によって 金村 修 PDFファイル - あなたが読むべきである著者によって書かれた素晴らしい本はタイトルです。 挑発する写真史のトピックはきっと気に入るはずです。 余暇にすべてのページページを読むのに十分な時間があります。 この美しい本をリリースしたメーカーは出版社です。 今すぐ挑発する写真史を入手してください。コンテンツに失望することはありません。 適度な手順で挑発する写真史をコンピューターにダウンロードできます。. この本を見つけたり読んだりすることにした場合は、挑発する写真史の詳細を以下に示します。

挑発する写真史の表紙

によって

4.8 5つ星のうち 5 人の読者

ファイル名 : 挑発する写真史.pdf

ファイルサイズ : 24.33 MB

内容紹介 現実を撮っても、真実は写らない。写真は現実から何かを奪っている。 都市を撮り続ける写真家と、写真の最先端を読み解く評論家。 「撮ること=見ること」という視点から、写真の《正体》に対話で迫る。 タカザワ「すぐれた写真家は自分自身の写真史を持っている」、金村「写真って言葉ですよ。言葉を誘発します」 タカザワ「写真家の見方っておもしろい! 」、金村「この歳になって、真実に気がつきたくなかったなって(笑)」 写真の「上手/下手」、写真を「撮る/撮らない」、写真家の「純粋さ/仕事」、写真家の「正解/誤解」。 写真の《歴史》を象るものとは。講義は「芸術か、記録か」の範疇を超えた――。 ○装幀・デザイン=大原大次郎、宮添浩司 <目 次> 第一講 モダニズム写真の源流 ウジェーヌ・アッジェ、ベレニス・アボット、ウォーカー・エヴァンス 第二講 芸術写真か、写真芸術か アルフレッド・スティーグリッツ、荒木経惟、1970年代の自主ギャラリーの作家たち 第三講 スナップショットの輪廻転生 アンリ・カルティエ=ブレッソン森山大道牛腸茂雄 第四講 リアリズムとは何か 安井仲治土門拳ダイアン・アーバス 第五講 アメリカン・ドキュメンタリーと日本 ロバート・フランク、鈴木清、春日昌昭 第六講 ニューヨーク近代美術館の〝ドキュメンタリー〟 リー・フリードランダー、ミラーズ・アンド・ウインドウズ、ゲイリー・ウィノグランド 第七講 商業写真と作家主義 アーヴィング・ペン、リチャード・アヴェドン、篠山紀信 第八講 写真はすべて平面である 桑原甲子雄中平卓馬、ルイス・ボルツ、渡辺兼人 第九講 現代美術の中の凶暴な写真 ベッヒャー夫妻、深瀬昌久ウィリアム・エグルストン 最終講 虫喰いの写真史から立ち上がる「新しい写真」 <著者について> 金村 修(かねむら・おさむ) 1964年、東京都生まれ。写真家。20代半ばまでミュージシャンを志す。 1989年、東京綜合写真専門学校に入学。タブロイド紙配達のアルバイトをしながら、都市の写真を撮り始める。 在学中の92年、オランダの写真展「ロッテルダム・フォト・ビエンナーレ」に作品が選出される。 93年、東京綜合写真専門学校研究科を卒業。同年に最初の個展を開催する。95年最初の写真集『Crash landing』を刊行。96年、ニューヨーク近代美術館が行なった展覧会「New Photography 12」に「世界に注目される6人の写真家」のうちの一人として選ばれる。97年、東川町国際写真フェスティバル新人作家賞、日本写真協会新人賞受賞。2000年、史上2番目の若さで、土門拳賞を受賞。14年、伊奈信男賞を受賞。 タカザワケンジ 1968年、群馬県生まれ。写真評論家。91年、早稲田大学第一文学部卒業。 「アサヒカメラ」「IMA」「PHaTPHOTO」などの写真雑誌に寄稿。評論のほか、写真家への取材、写真集の編集構成、国内外の写真展や フォトアートフェア、フォトフェスティバルへの取材、写真をテーマにした実験的な展示など、現代写真の最先端に目配せしつつ、 写真全般について精力的なフィールドワークを続けている。携わった写真関連書に、高梨豊著『ライカな眼』(毎日コミュニケーションズ、編集・構成)、 渡辺兼人写真集『既視の街』(東京綜合写真専門学校出版局+AG+ Gallery、構成・解説)、 Val Williams『Study of PHOTO 名作が生まれるとき』(ビー・エヌ・エヌ新社。日本語版監修)など多数。 東京造形大学東京綜合写真専門学校、東京ビジュアルアーツで非常勤講師を務める。 内容(「BOOK」データベースより) 都市を撮り続ける写真家と、写真の最先端を読み解く評論家。「撮ること=見ること」という視点から、写真の“正体”に対話で迫る。 商品の説明をすべて表示する

挑発する写真史を読んだ後、読者のコメントの下に見つけるでしょう。 参考までにご検討ください。
この本は、写真家「金村 修」と写真専門家「タカザワケンジ」の「フィルターを通して」語られた写真史になっています。写真家「金村 修」の写真史、と言うべき本です。『挑発する写真史』という、この本のタイトルからして、「これまでの写真史」への挑発、「写真史を語りたいと潜在的に考えている人」への挑発(360頁)になっていると思います。今後、「女性の」写真家や「カラー」写真作家の写真史にも挑戦していただければ、読者としてとても嬉しい。「現実を撮っても、真実は写らない。写真は現実から何かを奪っている」とは「帯」の言葉です。とても良い言葉だと思います。現実を撮っても、フィルターやレンズを通過しない光があるので、「真実」の光の一部しか写らないし、白黒写真の場合は、現実の「色」の中から、白黒以外の色を「奪っている」からです。白や黒という色にも、いろどりはありますが、カラー写真ほどの豊かな彩りはありません。「写真」といえば、白黒写真の世界を思い浮かべる人が多いのはなぜでしょうか。295頁に答えがありました。「カラー表現をアメリカ写真の歴史に持ち込み、カラー写真を使った写真作家の先駆けとなった」写真家が、最後の最後に紹介されていたからです。疑問が解けました。嬉しいです。この本を「とても気に入った(五つ星)」と評価した理由です。「マーケットにおける写真の価値判断っていつも定かじゃない。難しいですね」金村さんの言葉です。(334頁)この本は、ある写真家から別の写真家へとつながる「道筋」を、「読者自身が見いだす」きっかけになることを意図してつくられているそうです。この本には、アジェに始まり、エグルストンに終わる、二十数人の写真家たちが登場しますので、複雑に入り組んだ「写真家の系譜図」が暗示されています。「道筋」をたどるだけでも迷子になりそうです。「道筋」を見いだすのは「読者自身」ですよ、と言われても、しばらくは暗中模索が続きそうです。この本に挑発されて、読者の写真史への挑戦は続きます。写真史への冒険です。